リサイクル通販の品物未着などのトラブルの原因や対策を考えるサイト

>

リサイクル通販でトラブルに巻き込まれたら

リサイクル通販の緊急相談先

消費者庁は国の機関で、皆さんの生活により身近に相談やトラブル解決を担当している機関として「国民生活センター」というものを組織しています。
もちろんこの「国民生活センター」自体に相談することも、連絡先のひとつとして有効ですが、より具体的な、ネットにおける売買などのトラブルでの相談先として、それ以外にも相談先が存在します。
まず、リサイクル通販含めたネット通販全般のトラブルについては「通販110番」という業界団体による相談窓口が存在するので、最初の相談先として使うと良いでしょう。
また、海外から購入した商品に関して、何かトラブルが発生した場合は、専門的な知識が必要な場合もありますので、消費者庁の専門部署である「越境消費者センター」にそうだんするのが良いでしょう。

リサイクル通販を開業するには何が必要か

さて、この項では、リサイクル通販を自分で開業するには、どんなことが必要なのかを考えてみましょう。
まず、思い立った日から営業開始日までは概ね3カ月は要すると考えた方がいいでしょう。
もちろん、そこに至るまでのお店のアイデアや取り扱う中古品への知識・造詣を深めようとするなら、それより更に長い準備期間を経ていくのが良いです。
ある程度ビジョンが固まり、営業資金が確保できたら、古物商の許可を得るために警察署の生活安全課に行くのですが、そこで申請書類や必要事項を通達されます。
概ね1週間程度で作成ができる書類が多いですが、申請を提出した後、許可が降りるまでには概ね1ヶ月~2カ月はかかると考えておいた方が良いでしょう。
許可が降りるまでの間は、ショップを展開するためのサーバを契約し、サイトを作成して、準備を整えましょう。
そして許可が降りれば、あとは開店の準備・告知を行い、店舗開業に至ります。


この記事をシェアする